虹彩の色が変わってきました・・・

副院長の佳瑛子です。

ブログが消えてしまってから、なかなか書けずにいましたが

皆さんにお伝えしたいことは沢山あるので頑張ろうと思います。

あっ、という間に12月ですね!私は、3ヶ月入院してましたが、かなり前に感じます。

 

今日は、2~3年前からゆっくりと目の色(虹彩の色)が変わってきた猫さんのお話を

しようと思います。

f:id:otsuka-ah:20211219092321j:plain

向かって右側の瞳の色が変化しているのがわかりますか?

数年前から虹彩の色が変化し始め経過観察となっていた10歳の猫さん。

当院に来たときは、眼圧がかなり上昇し視覚がなくなっていました。

このような症例で疑わしいのは、虹彩メラノーマという腫瘍です。

皮膚などの腫瘍とは違って針をさしてまず中身を確認するという細胞診が

眼の中の場合は難しいので、眼球摘出の手術となりました。

病理の結果は、【び漫性虹彩メラノーマ】という腫瘍でした。

現在の時点では、肺や肝臓への転移性病変は認められないため定期チェックで様子を

見ていくこととなりました。

今回は、飼い主さんがしっかりと経過観察してくださっていたので

早めに発見することができたと思っています。

 

皆さん、身体でにできた出来物や眼の色の変化などは気を付けてみていってあげてくだ

さいね。

f:id:otsuka-ah:20211222103905j:plain

3番目の取り合いをしながらも仲良くしています。

 

顎が腫れてる?

副院長の佳瑛子です。

今日は、久しぶりの雨で肌寒く感じますね。

こんな日は、暖かい部屋で外にでたくないですね。

といっても、しっかり出勤していますのでご安心を😊

最近、私は午前は9時半~18時くらいまで出勤しています~。

 

さて、今回は猫ちゃんの口の中の腫瘍についてお話しようと思います。

口の中にできる腫瘍は、色々とありますが猫の口腔内腫瘍で一番多いのは、

【扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)】です。

この腫瘍は、浸潤性が強いですが、リンパ節や肺などへの転移は少ない腫瘍です。

そのため、口の中の腫瘍を取り除くことが一番の治療法になります。

f:id:otsuka-ah:20211122170917j:plain

顎が・・・

 

 

この猫さん、写真にむかって右側の顎が少し開いてしまってるのがわかりますか?

まだ大きな出来物としてはまだ見られていませんでしたが、場所的に怪しい場所が膨ら

んでいたため、CT検査を含め大学病院へ受診してもらいました。

やはり、結果は扁平上皮癌・・・

すぐに顎を切除する手術をすることになり、現在のところは元気に過ごしてくれていま

す♪

この腫瘍は、完治させるには外科手術が第一選択になります。

ただ、猫ちゃん顎は小さいのでなかなか取きることが難しく再発率も多い腫瘍です。

そのため何より早期に発見することが大切となります!!

お家で歯磨きする際に、お口を大きく開ける練習も一緒にしてもらい、何か膨らみがあ

る場合は様子をみないですぐにご来院下さい。

 

3番目は、色々ありましたが元気に大きくなりました!

100日を越え写真を撮ってきました。

誰が主役?という写真ですが、三人仲良く元気に大きくなってくれると嬉しいです。

f:id:otsuka-ah:20211122175721j:plain

お宮参りしてきました~

 

ブログが消えました…

副院長の佳瑛子です。

開業して1年9ヶ月…その前から頑張って書いてきたブログが消えました😭

そう、院長の手違いで…

私たちは夫婦でやっているので、、こういう時は怒りがわいてしまいますね~。笑

あんだけ頑張って皆さんにお伝えしたいことを書いてきたのに!

開業の始まりから……💦

気を取り直してまた書き始めようと思います。

皆さんどうぞよろしくお願い致します。
f:id:otsuka-ah:20211028171034j:image

我が家の癒しを見て気持ちを落ち着けようと思います。笑

 

大塚駅前どうぶつ病院のブログです。

以前のブログをご覧になられていた方には大変申し訳ありませんが、手違いのためにブログを削除してしまいました。

今後はこちらの新しいブログで様々な情報をご紹介してまいります。

 

大塚駅前どうぶつ病院 心臓メディカルクリニックでは心臓病の1次診療ならびに2次診療を行っています。

心臓病の疑いのあるワンちゃんや猫ちゃん、咳・呼吸困難、失神などでお困りの場合はぜひご相談(Tel: 03-6903-7005)ください。